話題の病児保育とは?

話題の病児保育って何か?

現在では共働きの家庭も珍しくもなく当たり前の時代ともなっており、子育てしながらの仕事は特にママさんにとっては苦労が多いようです。最近ドラマでも話題になった病児保育をテーマとした「37.5℃の涙」は好評と共感する人もいたのではないでしょうか。そして今まで知らなかった人や利用を考えてた人にとっては数々の問題があるにしろ希望がもてるシステムとなることでしょう。

 

特に幼い子では今まで元気でいたのに急に具合が悪くなり熱をだすなど日常茶飯事となることもあります。そうなると急に会社を休むことができない、子どもに申し訳ないと板挟みとなることは多々あるようです。理解ある職場ならまだしもそうでなければなかなか休むことができない状況でもあるようです。H12年度に厚生労働省によって必要性を重んじ定義づけられまだ歴史の浅い施設でもあります。現在では訪問型、共済型の病児保育を展開しており、大学附属病院などでも院内に設けるところも増えてきているようです。

 

病児保育を徹底調査!

 

一般的には保育園では子どもの熱が37.5℃以上となってしまうと預けることができないところが多いようです。そのため働いている親にとっては仕事を急に休むことができないときに子どもを見てくれる施設でもあります。反対に預けるのではなく自宅に訪問してくれ見てくれるケースもあります。入院を必要としない程度の軽い病状や病後の回復期などを対象とし就学前や小学校低学年までと場所によって様々でもあるようです。

 

たいていは事前の登録することで前日の予約となるところが多く、しかし当日でも人数の枠が空いている場合には受け入れてくれるところもあるようです。そして事前の医師の診断書を必要とするところもあり、利用条件、費用などはまちまちでもあるようです。はしかの場合は感染の危険から断られることがほとんどとなるようです。

 

院内や施設には保育士の他に医師や看護師、栄養士などが常備しているところもあったりと安心して預けることができる体制でもあるようです。。病児保育士という国家資格は今の所はありませんが研修によってスキルをつけていくこととなるようです。

 

現在ではまだまだ不足しており今回のテレビ放送によって更にニーズに応えるべき増えることも期待できるのではないでしょうか。そしてモデルとなった訪問型病児保育は地域密着型として急な発熱にも対応するため当日の8時までの申込みも受け付けており頼りになり親御さんの救世主ともなる存在でもあるようです。